尼崎重機株式会社

建設機械の総合ソリューションカンパニー

MASTICO(マスティコ)

中間処理施設に運び込まれる産業廃棄物
中でも廃プラスチックは大小・多種様々
マスティコは速やかな処理と確かなコストダウンを約束します

AMAJYU製ワークツール

MASTICOとはイタリア語で噛む、かみ続けるの意味。
バック・ホー先端に取り付けて使用します。
MASTICO 009 , 020 は主に廃プラスチックを効率よく破砕、減容化出来ます。

00mastico.jpg

Mastico 009B

P1010676s2.jpg

Mastico 020

Mastico 009Bの仕様

MASTICO_rogo.png

Palettaの作業風景1

m009.png

009c.jpg

Mastico 020の仕様

020logo.jpg

P1010676s2.jpg

m020.png

020cc.jpg

切断原理

切断物が原料の上に乗り、それを原料と共に切断する事でさらに細かくなります。また、破砕部先端に装備された先端刃により、多様な原料に対応します。

切断原理.png

大型シート.jpg木材.jpg漁網.jpg

破砕のライン.png

リサイクルシステムと人間のカラダ

body02_m05.png
リサイクルシステムは人間のカラダのしくみ
そっくりです。
胃や腸が破砕して、栄養分を取り出す事に似
ています。
そこで、まずマスティコでよく噛んで下さい。
吸収良く、破砕機等設備にやさしく、流れが
良くなります。